【各社トップが語る2019】ジック、成長に備えサポート拡充

2019年1月9日

代表取締役社長 松下 実 2018年12月期は売り上げが昨年比で20%増、受注は30%増と非常に良い年だった。PAの販売代理店業務を引き継ぎ、FAでは3Dビジョンを使ったシステムなど、長年育ててきたビジネスが芽を出した。また交通インフラや産業車両など屋外向けのLiDARも貢献し始めた。 19年も国内は好調で、20%前後で伸びるだろう。特にECで物流関連の設備投資が活発化しており、この分野では25~30%増が期待できる。 製品においては各分野でユニークなものが出て、ビジネスの幅が広がり始めている。PAでは、20年の船舶排ガス規制を前にSOxモニタリングの需要が高まっている。当社の排ガス検知装置は…