【各社トップが語る2019】日東工業、新たな価値の創造に注力

2019年1月9日

取締役社長 佐々木 拓郎 今年4月に元号として4番目に長い「平成」が、30年と4カ月で幕を下ろそうとしている。「平成」という時代を振り返ってみると、日本国内では税率3%での消費税スタートやバブルの崩壊、阪神淡路大震災・東日本大震災など相次ぎ大規模災害が発生した。また、世界に目を向けると、アジア通貨危機・リーマンショックなどの海外発の危機、ユーロ導入、ベルリンの壁とソ連の崩壊で冷戦の終結など、いくつもの歴史的転換点があったように思われる。 さて、新しい元号となる2019年の景気動向については、東京オリンピック・パラリンピック需要の本格化やリニア開通に向けての再開発など国内の設備投資などが期待され…