【各社トップが語る2019】スワロー電機、積極的取り組みを継続

2019年1月9日

代表取締役社長 河原 道彦 2018年度の業績は好調に推移した。17年から中部地方への販路拡大を行っており、大型トランス案件もあって大幅に受注拡大。関東も現時点で昨年比50%増。各地での営業開拓が成果につながっている。これからも各地方の体制強化やパートナー連携強化、そして九州拠点設立など、さらに拡大していく予定である。 好調の要因はいくつか挙げられる。まず、海外を含め工作機械向け大型トランス発注増加が一つ。今後は大型トランスの製造スピードも上げていく予定だ。 次に製品開発では、トランス導入時に必要となる各機器機能を搭載した製品が挙げられる。これは、省スペースになるだけでなく、導入先の検討コスト…