【各社トップが語る2019】ワゴジャパン、指名採用活動を強力推進

代表取締役社長 原田 秀人

2018年12月期の売り上げは前年度の2桁増よりは伸びが鈍化したが、過去最高を更新することができた。国内のビル関係や工場向け設備需要が増えていることで、繁忙となっている。ビル関係は東京オリンピック・パラリンピック終了後も需要継続が見込まれており、2025年の大阪万博へのつながることが期待されている。

こうした中で昨年は、端子台、コネクターの需要が非常に好調であった。人手不足もあり、スプリング端子方式の採用が増えている。また、照明制御DALIの引き合いも増えてきた。

今期は、海外の状況が不透明であることから、売り上げは守り中心の計画で考えている。

オートメーション機器では、引き続きIoT・IIoTをターゲットにした製品・ソリューションで需要掘り起こしを進める。IEC61131-3に準拠した新しいPLCプログラミングツールのリリースや、IO-Link対応で予知保全につながる電子式サーキットプロテクタの拡販、高付加価値のインターフェース製品の国内開発に取り組む。

また、国内でも多くの照明器具メーカーが対応しているDALIの営業強化や、産業用イーサネットスイッチと電源の拡充と拡販を進める。

インターコネクションでは、人手不足のなかで、配線作業省力化と省メンテナンス効果の高い「TOPJOB Sレールマウント端子台」に、レバー操作とボタン操作プッシュイン接続式を、「WFRワンタッチ・コネクター」に、6サイズを追加し、FA/電設・電材業界向けに拡販する。

さらに、レバー付きコネクター、PCB端子台、最大200の電線を接続できる大容量端子台、省施工のWINSTAコネクターなどに注力していく。いずれもユーザーの現場から指名採用してもらえるような活動を強めていきたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG