【各社トップが語る2019】パトライト、グローバル企業に昇華

代表取締役社長 高野 尚登

中期経営革新計画第2弾の初年度にあたる2018年度は、既存事業では集約化の「浸透」による収益強化、新規領域ではさらなる拡大を進めた。既存事業の集約化浸透は、国内におけるシグナルタワー「LRシリーズ」への切り替えにより、粗利の改善を達成した。

海外市場においても切り替えをほぼ完了し、販売台数は増加という結果となっている。今後は更に他製品の開発、集約に着手する。

既存事業の収益改善で得た利益を成長投資する領域として、エンドユーザー事業・海外事業等に注力。エンドユーザー事業ではパートナーである機械系商社やSIer、ソフトウェア系との連携も継続的に強化。IoT導入ツールとして好評の「エアグリッド」導入が国内1200事業所まで増加している。

遠隔監視アプリケーションなども同時に展開し、国内では人手不足や今後の外国人労働者増加へのソリューションとして好評を得ている。海外事業は販売網の拡大やEC強化を進め、海外売上比率は3割強となった。

KASUGAブランド製品は収益重視の方針のもとに、製品・設備・チャネルの整備やマネージメントの統合を進めている。粗利は改善兆候を示しており、今後も多くの課題へチャレンジしていく予定だ。

19年度は、海外事業の更なる拡大が重要と捉え、システムやインフラを整え、物流・倉庫へも投資を行い、海外のお客様に対しても納期での満足度向上を図る。

また広告宣伝や販促面でのグローバル対応に取り組み、カタログ・展示会・ウェブサイトなど、あらゆる顧客接点において多言語化だけでなく、コミュニケーションの全体統合を進める。パトライトブランドをグローバル企業ブランドへと昇華していく。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る