【各社トップが語る2019】シュナイダーエレクトリックホールディングス、成長業界へ活動を集中

2019年1月9日

取締役 インダストリー事業部バイスプレジデント 勝村 友一 2018年は、どの業界セグメントにおいても分け隔てなく好調。IoTの統合ソリューション「EcoStruxure」を本格的に立ち上げ、拡張現実技術を用いて保守を効率化する「シュナイダーARアドバイザー」をはじめ多くのIoTソリューションを訴求できた。 主力商品であるプログラマブル表示器(HMI)の好調に加え、機械の制御システムを一括受注するマシンソリューション事業も予想を超える反響があった。特にTVDA(作検証済み、評価済み、文書化済みのアーキテクチャー)と呼ばれる“装置構成のひな型”を用いることで高性能なスマートマシンをより少ない労力…