【各社トップが語る2019】シュナイダーエレクトリックホールディングス、成長業界へ活動を集中

取締役 インダストリー事業部バイスプレジデント 勝村 友一

2018年は、どの業界セグメントにおいても分け隔てなく好調。IoTの統合ソリューション「EcoStruxure」を本格的に立ち上げ、拡張現実技術を用いて保守を効率化する「シュナイダーARアドバイザー」をはじめ多くのIoTソリューションを訴求できた。

主力商品であるプログラマブル表示器(HMI)の好調に加え、機械の制御システムを一括受注するマシンソリューション事業も予想を超える反響があった。特にTVDA(作検証済み、評価済み、文書化済みのアーキテクチャー)と呼ばれる“装置構成のひな型”を用いることで高性能なスマートマシンをより少ない労力で開発できるのが強みだ。

また、世界各国で開催しているプライベートイベント「イノベーションサミット」を日本で初めて開催。約1200人のお客さまにご来場いただけた。

19年は、IoTを含めた総合ソリューションの展開を本格化することで総合制御機器メーカとしてのイニシアティブを発揮し、さらなる成長を期待している。

具体的には、成長が期待できる業界セグメントに活動を集中する。業界に特化したオートメーションの専門家を置き、海外で好評の高性能モーションシステムなどのマシンソリューションの提案を行うほか、業界ごとの専門展示会への出展を行い、知名度の向上とソリューションの訴求を行っていく。

新商品やサービスについては、機械メーカが出荷した機械をクラウドを通じて一元管理できるクラウド型サービスの提供を予定している。機械のリアルタイムモニタリングに加え、機械の構成部品の情報や関連ドキュメントも管理できノウハウの形式知化を実現する。またHMIでは、屋外や車載などで求められる耐環境仕様に対応した表示器SP5000Xをリリースするなど、ラインアップを拡充していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG