【各社トップが語る2019】ロックウェル オートメーション ジャパン、協業による成長で飛躍を

2019年1月9日

代表取締役社長 ジョセフ・バルトロメオ 2018年度(17年10月~18年9月)は、グローバルで非常に良い結果を残すことができた。全世界の売上高は対前年比5.6%アップの67億米ドル、アジア太平洋地域に限ると5.4%増加となる9.3億米ドルを記録した。19年度は10月から始まっているが、今のところ順調だ。 重点戦略でも良い結果を出すことができた。コネクテッドエンタープライズ関連で情報ソフトウェアやサービス事業で前年比2桁の伸びとなった。コントローラは7%増、プロセス関連も2桁の伸びがあり、とても好調だった。また6月に、産業用ソフトウェア大手のPTCと産業イノベーションの推進と成長加速のための戦…