【市場・技術展望2019】「サーボモータ」国内堅調も海外不透明

キーデバイスとして急拡大

サーボモータは、半導体製造装置や工作機械、産業用ロボットなど高精度な制御のキーデバイスとして世界的に急拡大を続けている。

市場規模は、日本電機工業会(JEMA)によると、2017年度の出荷実績は2202億4000万円(前年度比30.2%増)と絶好調。18年度上期は、4.0%減の1016億1300万円と健闘している。国内は1.7%増の636億3800万円だが、海外に不透明感が続いている。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る