安川電機 太陽光発電用パワーコンディショナ、運転・保守費など低減

安川電機は、太陽光発電用パワーコンディショナ「XGI1000 65kW」を、米国市場に続き、11月1日から日本市場で販売開始した。

新製品は、産業用高圧および発電事業者用の特別高圧案件分散型ソリューションとして、パワーコンディショナだけでなく、周辺機器を含めた機器費の低減、据付から工事、パラメータ設定までの関連工程の削減、YASKAWAコンタクトセンタ対応と充実のサービスネットワークによる運転および保守費用の低減をコンセプトとして開発。

分散設置用1000VDCパワーコンディショナで最大級の65kW出力容量により、パワーコンディショナの台数や、交流集電箱などの周辺機器の費用を削減。また、接続する太陽電池の設置環境や日射量から最適化制御を行い、最大出力電力を確保する。

Wi-Fiを内蔵しており、スマートデバイスからパワーコンディショナとの通信、一括設定、簡易モニタリング、パネル監視等が行え、初期設定や試運転調整、O&Mの効率化などを実現。本体は上部に電子部品、下部に配線部と分離しておりコンパクトで、ユニット交換が必要な場合は、ケーブルの結線を解かずに上部のみ交換することで復旧が可能。

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る