ブラザー工業 マシニングセンタ、新たに3機種登場 生産性さらに向上へ

ブラザー工業は、コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO(スピーディオ)」の新製品「S300X2」「S500X2」「S700X2」の3機種を11月1日から発売する。

新製品は、クラス最大級のZ軸加速度と低慣性主軸サーボモーターの採用により、サイクルタイムをさらに削減。部品1個あたりの加工時間を、従来比で約3%短縮し、短時間で高精度なタップ加工、主軸の起動・停止時間の速さ、Z軸の速度アップによる工具交換時間の短縮を実現する。工具交換と同時にXY軸・付加軸の位置決めを行うことにより、非切削時間の削減も行える。

また、解析技術データの積み重ねをもとに採用された機械構造により、剛性が向上。そのほか、高出力の主軸モーター、独自の3次元加工制御による高速3次元加工、山形テレスコカバー採用による切粉排出性の改善、サイクロンフィルター付きタンク(オプション)の新設、主軸工具検出機能の搭載などが特徴となっている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG