オプテックス・エフエー、センシング同軸照明の35、50mmサイズをリニューアル。より高精細な撮像に対応

2018年10月4日

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は10月22日、画像処理用センシング同軸照明「OPXシリーズ」の35、50㎜サイズのリニューアル機種を発売します。各サイズの白・青色は10月22日、赤色は11月上旬に発売します。

▲製品外観

 

「OPXシリーズ」は、狭指向角(半値角±17°)発光の面光源を搭載することで、高輝度・高均一な照射が可能な同軸照明です。2018年3月に発売した業界最薄0.2mmのハーフミラー採用の27mmサイズがご好評につき、今回35、50mmサイズにも同ハーフミラーを搭載するリニューアルを行います。

従来、同軸照明を使用すると内部のハーフミラーにより解像度が低下したり、ゴースト像が発生するといった課題がありました。今回リニューアルする2サイズは、業界最薄0.2mmのハーフミラーを採用することでゴースト像の軽減に成功し、解像力(*)の向上を実現。高精細な撮像が要求される寸法計測や外観検査などの用途に対応できます。

また独自のセンシング機能「FALUX sensing」を搭載することで明るさを自動管理でき、最大輝度を5万時間にわたり一定に保つことができます。

 

標準価格は現行品から据え置きで、35㎜サイズの白色・青色が82,000円(税別)、赤色は70,000円(税別)、50mmサイズの白色・青色が108,000円(税別)、赤色は90,000円(税別)です。

今後もオプテックス・エフエーは「FASTUS(ファスタス)」ブランドの製品数を拡大し、産業用センサの新しい価値を提案していきます。

(*)カメラと光学部品における、どの程度細かく画像として再現できるかを表す能力

 

■<センシング機能>(特許登録済)
OPX シリーズは独自技術の「FALUX sensing」を搭載し、センシング対応LED 照明コントローラと接続することにより、輝度のモニタリングとフィードバック制御が可能です。

フィードバック制御では、長期的な使用に伴う輝度の変動に対してコントローラ側で調整を行い、約5万時間の長期に渡り同一輝度を保ちます。

出典:オプテックス・エフエー「センシング同軸照明の35、50mm サイズをリニューアル。より高精細な撮像に対応。」
参考:オプテックス・エフエー