オプテックス・エフエー 『第五回 現場川柳』の作品募集を開始

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー(京都市下京区)は、第五回となる「現場川柳」を2018年10月3日(水)から2018年12月16日(日)まで募集します。

「現場川柳」とは、オプテックス・エフエーが定めた「センサの日(10月3日)(*)」を記念して、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などのあらゆる“現場”にまつわる川柳を募集する企画です。

昨年の『第四回 現場川柳』では、総応募11,308作品の中から「火花散る インスタ映えぞ 我が職場」(はんだごてさん)が大賞を受賞しました。

 

特別選考委員として、コミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!(中経出版)」などで知られる元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるの えいじ)氏を迎え、社内選考委員とともに厳選なる選考を行います。

大賞(1作品)、優秀賞(3作品)、見ル野賞(1作品)、入賞(10作品)を選出し、各賞の受賞者には商品券および、2017年に発売した書籍『現場川柳~ライバルは昔同期で今はロボ~』を進呈します。

選考結果の発表は2019年1月25日頃を予定しています。

(*)日本記念日協会の認定を受けた記念日

 

◆応募方法・応募条件などは
「第五回 現場川柳」作品募集ページに掲載します(2018年10月3日開設)
http://www.optex-fa.jp/senryu/

 

■特別選考委員 見ル野 栄司(みるの えいじ)氏のプロフィール
漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。

≪第五回作品募集に対する見ル野氏のコメント≫
「毎年いろんな現場の川柳いただきますが、時代に関係するものや人間くさいものなど様々でとても楽しいです。世の中景気が良いらしいですが、なかなかコチラまで降りて来ません。皆さんの川柳で笑い飛ばしてください」

 

■「第四回 現場川柳」受賞作品(一部)
・【大賞】 火花散る インスタ映えぞ 我が職場(はんだごてさん)
・【優秀賞】 下請けの 上から目線 好景気(やじろべーさん)
・【優秀賞】 キズ隠す 位置に貼られた 検査証(かきくけ子さん)
・【見ル野賞】 オバちゃんを 制する者が ライン長(こしょこしょマシーンさん)

出典:オプテックス・エフエー「『第五回 現場川柳』の作品募集を開始」
参考:オプテックス・エフエー

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG