東芝テリー CMOS採用の高解像度カメラ

2018年9月26日

東芝テリー(東京都日野市)は、BUシリーズの新製品として、600万画素のローリングシャッタ方式でCMOSセンサーを採用した「BU602M」を9月から販売開始した。 BUシリーズは、USB3.0規格を採用した一体型カメラで、映像出力やカメラ制御にUSB3.0インターフェースを介することにより、高速で高解像度の画像処理に適し、パソコンへの接続が容易にできる。 新製品は、CMOSセンサーの採用により、3072(H)×2048(V)の高解像度を実現し、さらに最大で毎秒60枚の取り込みが可能な高フレームレート。カメラ本体は突起部分を除いて29ミリメートル(幅)×29ミリメートル(高さ)×16ミリメートル…