ミマキエンジニアリング 印刷速度140㎡/hの新プリンタが登場

2018年9月19日

ミマキエンジニアリング(長野県東御市)は、高い生産性、長時間の安定稼働、低ランニングコストを実現する1.8メートルRoll to Roll水性昇華転写用インクジェットプリンタ「TS55-1800」を10月から販売する。 新製品は、新開発ヘッドを搭載し、最速印刷速度140平方メートル/hの高速プリントから、品質重視の高画質プリントまで、用途に合わせた幅広いプリントモードを選択できる。従来機では不可能だった高速モード(70平方メートル/h)でバンディングや色むらを軽減するMAPSの使用を可能にし、高い生産性と美しい画質を両立する。 また、高速プリントでも長時間の連続稼働を可能にする新規オプションユ…