IDEC 「照光ブザー」に非照光タイプ追加、19.7mmクラス最短を実現

IDECは、照光ブザー「HW1Z形」(φ22ミリメートル)に、非照光タイプのブザーを追加し、9月7日から発売した。

新製品は、パネル奥行き19.7ミリメートルとグローバルでクラス最短サイズを実現し、自動車やマテハン、半導体、工作機械などのFA業界をはじめ、エレベータ、駐車場、駅のホームなど、幅広い分野でパネルの小型化、省スペース化が可能となる。

また、プッシュイン端子を採用したことにより、電線を軽く押し込むだけのワンタッチ操作で取り付けができ、配線工数を大幅に削減につながるとともに、振動や長期使用によるねじの緩みの心配がないため信頼性が向上した。

 

ブザーのパネル面側は、国内最高レベルのIP65の保護構造に標準対応しており、装置の洗浄を行う食品業界など水を使用する環境や、粉塵が舞う生産ラインでも使用が可能。また、別売の端子防水カバーを取り付けると、端子部(パネル裏側)も防水性能をIP54にすることができ、専用ボックスがなくても利用できる。

海外での使用が多いAC100/200Vの高電圧盤で利用する場合は、別売りのトランスを併用することでグローバル環境にも対応する。

使用周囲温度はマイナス20℃~プラス50℃(ただし氷結しないこと)。連続音タイプと断続音タイプの2機種から用途に応じて選べる。出荷開始は10月から。

同社は、2017年3月に国内初の照光ブザーを発売したが、新たに非照光タイプのブザーを加え、製品ラインアップを拡充した。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG