三菱電機、中国・機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所と戦略的パートナーシップを締結

2018年7月6日

〜 e-F@ctoryにより、「中国製造2025」の実現に貢献 〜

三菱電機は、中国の当社グループ会社の三菱電機(中国)有限公司と三菱電機自動化(中国)有限公司が、中国政府直轄の研究所である機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所(北京市、以下:ITEI〔※1〕)と、「中国製造2025」の実現に向けた協力関係を強化するため、智能製造の標準化推進に関する戦略的パートナーシップを7月9日に締結しますのでお知らせします。なお、同日、ITEIでパートナーシップ締結の調印式を行います。

※1 Instrumentation Technology and Economy Institute, P.R. CHINA

 

戦略的パートナーシップ締結の狙いと今後の展開

 中国政府は、2015年に製造強国を目指すロードマップ「中国製造2025」を公布し、その中の一つの具体的施策として「2015年智能製造特別プロジェクト」を発表しました。ITEIが同プロジェクトを推進する中、当社グループはITEI内にe-F@ctory〔※2〕コンセプトに基づいた智能製造モデルラインを2017年に構築し、中国政府関係者や中国企業などに視察いただいています。

今回、「中国製造2025」の実現に向けた協力関係をさらに強化するため、智能製造の標準化推進に関する戦略的パートナーシップを締結します。

今後は、引き続き当社の最新の製品や技術を提供することで、同モデルラインにてエッジコンピューティング・AI(人工知能)など先端技術の智能製造への適用を共同で検証するとともに、標準化を進め、中国の製造業の智能化拡大を支援します。

※2 FA技術とIT技術を活用し、開発・生産・保守の全般にわたるトータルコストを削減するFA統合ソリューション

参考:三菱電機「中国・機械工業儀器儀表綜合技術経済研究所と戦略的パートナーシップを締結」