アミテック ランニングソー 丸鋸で多様な材料切断 生産管理容易に

アミテック(名古屋市瑞穂区)は、高精度、高剛性の全自動式ランニングソー「RCA2T260R-285Λ(Tカットタイプ)」を発売した。

これは、木材をはじめさまざまな材料を丸鋸にて切断する。高精度、高鋼性、高速移動を実現。パソコン制御搭載(オプション)により歩留りが向上しており、生産管理が容易になっている。

材料を移動させながら両サイドを切断するY切断のあと、前端を切断するX切断を行う。

全面エアーフローティング付きで、手動式クロストリム微調整機構を備える。

その他、①自動給油装置②鋸道前エリアセンサー③端材押出し装置④Y切断鋸カバー装置--などを備えている。

切断厚×長さは80×2600ミリメートル、Y切断長さは1200-2400ミリメートル、定規移動量は2850ミリメートル、X切断送りスピードは毎分1-50メートル。機械重量は8500キログラム。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る