Check !!

Moxa 大型IPカメラ向けPoEスイッチ 最大60Wの電力供給 悪環境稼働にも対応

産業オートメーション用ネットワーク製品を手掛ける台湾・Moxaは、コンバージドデータおよび電力伝送用途に向けて、PoEポート当たり最大60Wを供給できる大型IPカメラ向けPoEスイッチ「EDS-P506E-4PoEシリーズ」を発表した。

新製品は、ポート当たり最大60W、総出力は180Wで、4つの高速イーサネットPoE+ポートを装備。12/24/48VDCの広範な入力電圧に対応し、スマートPD検出機能とプラグアンドプレイ統合により、PoE PDに容易に電力を供給できる。

Webアクセス可能なPDの診断と管理を容易にする内蔵Smart PoEソフトウエアは、スマート診断のための電力クラス、ステータス、およびエラーの自動PD検出を提供し、故障チェックを可能にする。故障チェック機能はカメラにフリーズまたは遅延が発生した場合、自動的に再起動する。

また、IEC 61850およびIEEE 1613に準拠し、過酷な条件下でのデータおよび電力伝送の最大稼働時間を確保するため、ミリ秒レベルのフェイルオーバー冗長性、デュアル電力入力、4kV LANサージ保護に加え、マイナス40~プラス75℃の広い動作温度範囲をサポート。

IEC 62443に準拠したサイバーセキュリティ機能を搭載しており、大規模な導入および管理を実現する同社製産業用ネットワーク管理ソフトウエア「MXstudio」に対応する。

Moxaは1987年設立。ヨーロッパ、米国、中国、台湾にオフィスを有し、産業用に特化した高品質・高信頼性のネットワーク製品を70カ国以上に提供している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG