NTTアドバンステクノロジと河村電器、監視カメラと宅配ボックスを併せた「通信機器格納型宅配BOX」販売開始

2018年6月14日

NTTアドバンステクノロジ(神奈川県川崎市、以下:NTT-AT)と河村電器産業(愛知県瀬戸市)は、NTT-ATが提供中の監視カメラソリューションのラインアップに、共同開発した「通信機器格納型宅配BOX」を追加し、2018年6月14日から販売を開始いたします。

「通信機器格納型宅配BOX」は、安心・高機能な監視カメラソリューション「NTT-AT カメラ」シリーズで監視している映像を遠隔から閲覧するために必要な「監視カメラレコーダ」「ルータ」「光回線終端装置」を、屋外に設置可能な宅配ボックス内に格納できる状態で、提供いたします。

これにより、アパートやマンションなどの付帯設備として導入ニーズが高まる、監視カメラおよび宅配ボックスをまとめて提供することが可能となります。

 

背景

監視カメラソリューションに対するニーズは、さまざまな利用シーンでその効果が認められ、年々市場が拡大する傾向にあります。

そのような中、マンションやアパートなどにおいても監視カメラを設置する建物が増えてきていますが、共通する課題として、監視カメラ用のレコーダを置く場所がなく、監視カメラを設置できないケースが増えています。

一方、マンションやアパートでは、好きな時間にいつでも荷物を受け取れるというメリットを持つ、宅配ボックスの設備導入が進んでおり、宅配ボックスと監視カメラを併せて設置することが多くなっています。

 

このような社会情勢の中、NTT-ATでは、「防水性」「防錆性」「堅牢性」に長けている自立型の宅配ボックスの販売を行っている河村電器産業とともに、屋外設置ができ、かつ遠隔からの閲覧時に必要な「監視カメラレコーダ」「ルータ」「光回線終端装置」といった、通信機器を格納するボックスを兼ね備えた宅配ボックスを開発し、通信機器格納型宅配BOXとして販売開始することといたしました。

これにより、課題の一つであった設置場所の制約が解消されることで、これまで監視カメラ用のレコーダの設置場所が屋外しかなく、監視カメラの設置を見送っていたマンションやアパートなどをお持ちのお客様へのご提供が可能となります。

 

通信機器格納型宅配BOXの仕様

通信機器格納型宅配BOXは、次のような方法で機器を設置でき、ファンや温度センサーによりボックス内の温度を管理する仕様となります。

ラインナップとしては、通信機器格納型宅配BOX部分以外に、宅配便を格納できるスペースを兼ね備えた2BOXタイプ~5BOXタイプの4ラインアップを揃えています。

▼通信機器類の設置イメージ

▼通信機器格納型宅配BOXのラインアップ

通信機器格納型宅配BOX の特長

通信機器格納型宅配BOXは、電気設備を守ってきた技術でつくった河村電器産業の宅配ボックスをベースに「ファン」「温度センサー」「電源」をボックス内に設置し、NTT-AT製の「監視カメラ用レコーダ(ATN-041T2 / ATN-042T2)」、YAMAHA製の「ギガアクセスVoIP ルータ(NVR510)」「光回線終端装置(PR500-KI)」を格納できるように設計し、以下の特長を有しています。

・雨風にも強い、安心の防水構造(保護等級IPX4 相当)
・サビにも強いステンレス製
・強風(風速40m/s)にも耐えられる「堅牢性」

主な利活用シーン

通信機器格納型宅配BOX は、「防水性」「防錆性」「堅牢性」に長けている自立型の宅配ボックスであり、かつ通信機器格納部分については、「監視カメラレコーダ」「ルータ」「光回線終端装置」をつなぐ配線がされています。

これにより、通信機器格納部分に電源を供給できれば、さまざまな場所で設置が可能ですが、主な設置場所としては、マンション、アパートのエントランスになります。

販売開始時期

2018年6月14日(木)

参考:NTTアドバンステクノロジ「宅配ボックスとともに屋外設置が困難なレコーダやルータ等を格納可能! 『通信機器格納型宅配BOX』製品の販売開始」