ジック コントラストセンサシリーズ 「KTS/KTX Prime」光沢性材料も確実な検出

ジックのコントラストセンサシリーズ「KTS/KTX Prime」は、VISTAL筐体に内蔵した高精度のRGB-LEDの採用、被写界深度と検出許容範囲を向上させるTwinEye技術、50kHz・ジッタ5μsの高いスイッチング周波数、高い動的領域などにより光沢性材料でもコントラストを確実に検出でき、ダウンタイムの低減およびプロセス安定性の向上につながる。

また、小型形状により狭いスペースでも設置可能になっている。

さらに、センサの個別設定を可能にする多機能な設定ができ、複雑な材料でも優れた性能を発揮する。

しかも、統合されたカラーモードで、複雑な色差も安定して検出可能で、センサ内へのジョブ保存により、柔軟なプロセス構築とフォーマット変更にも対応。

そのほか、IO-Link機能による診断・可視化や、簡単なフォーマット変更、優れたグレースケール分解能と7セグメントディスプレイの搭載などの特徴を持つ。

従来困難であったアプリケーションでも卓越した使い方が可能になる。(紙上参加)

https://www.sick.com/jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG