パナソニックESネットワークス、60℃まで対応可能なPoE Plus給電スイッチングハブ発売

2018年5月17日

パナソニックの100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス(東京都港区)は、主に屋外用の無線LANアクセスポイントやネットワークカメラ接続用として、動作環境温度が60℃まで対応し、全ポートギガビット対応で、1ポートあたり30Wまで給電が可能なPoE Plus給電スイッチングハブ「Switch-M5eGiLPWR+」を2018年6月に発売します。

当社では、1ポートあたり15.4Wまで給電が可能なPoE給電スイッチングハブを12機種、1ポートあたり30Wまで給電が可能なPoE Plus給電スイッチングハブを26機種すでに発売していますが、お客様からの「屋外などの高温環境でも使用したい」というご要望に対応するために本製品を開発しました。

本製品は、全ポートがギガビットに対応するとともに、動作環境温度60℃までの対応を実現しました。また、未使用ポートの電力を抑制する機能や、LANケーブルのポート接続時でもデータ通信が行われていないときには電力を抑制する機能、さらにPoEスケジューラ機能など、省エネ機能を充実。

加えてループ検知・遮断機能やリンクアグリゲーション機能、IGMP snooping 機能などを搭載し、ネットワーク障害への対策だけでなく、動画配信などの大容量データの効率的な処理が可能です。

 

特長

1. 全ポートギガビット対応し、動作環境温度60℃までの対応を実現
本製品は、標準で10/100/1000BASE-Tインターフェースを5ポート搭載しています(給電可能なポートは4ポート)。また、動作環境温度を60℃まで対応し、近年増加している、屋外に設置された無線LANアクセスポイントやネットワークカメラ接続用として最適です。

2. PoEスケジューラ機能など、省エネ機能を充実
本製品は、各ポートの接続状態を自動的に検知し、機器が接続されていないポートの電力消費を抑制する「省電力モード機能」や、ポートが接続状態でもデータ通信が行われていないときには電力を抑制する「省電力型イーサネット(EEE)」にも対応し、運用時の消費電力を削減できます。さらに、無線アクセスポイントなどを使用しない時間帯にタイマー設定で自動ON/OFFが可能になるPoEスケジューラ機能も装備し、より省エネな運用が可能になります。

▲省電力モードのイメージ

 

3. ループ接続によるネットワーク障害を最小限に抑える「ループ検知・遮断機能」を搭載
本製品は、スイッチ配下でループ接続が起きると、該当するポートをLEDで知らせるとともに、そのポートのみシャットダウンする「ループ検知・遮断機能」を搭載しています。ループ障害を最小限に抑え、現場対応の迅速化を図ることができます。

また、過去3日以内のループ発生の有無をLoop History LEDでお知らせします。ループ発生ポートはシステムログを確認することで特定可能です。ネットワーク管理者がループ障害解消後にループが発生したポートを特定できるため、障害の原因究明、対策実施に役立ちます(特許申請中)。

▲ループ検知・遮断機能イメージ

参考:パナソニックESネットワークス「PoE Plus給電スイッチングハブ『Switch-M5eGiLPWR+』を発売」