太陽誘電、積層セラミックコンデンサで世界最薄0.09mm厚を実現

2018年5月17日

従来品から約18%薄型化、スマートフォンなどの薄型化に貢献

太陽誘電(東京都中央区)は、世界最薄となる0.09mm厚を実現した低背積層セラミックコンデンサ「PMK063LBJ104MN」(0.6×0.3×0.09mm、高さは最大値)を商品化します。この商品は、スマートフォンやウエアラブル端末など小型・薄型化が求められる機器のIC電源ライン向けデカップリング用途に使用されます。

当社従来品「JMK063 BJ104ML」(0.6×0.3×0.11mm、高さは最大値)と比べ、約18%薄型化し、小型・薄型デジタル機器のさらなる薄型化に貢献することができます。同商品は、2018年5月より玉村工場(群馬県佐波郡玉村町)にて月産100万個体制で量産を開始。当社サンプル価格は20円です。

 

スマートフォンやウエアラブル端末などに搭載されるICの周囲には、デカップリング用途に積層セラミックコンデンサが使用されています。機器の薄型化や多機能化、バッテリーの大型化などに伴い、部品の実装面積は小さくなっており、搭載される電子部品のいっそうの小型化や、基板の上に実装する従来の方式ではなく、低背タイプの部品をICパッケージ内やその裏側へ実装するなど、さらなる高密度実装が求められています。

そこで太陽誘電は、従来のシート薄膜技術をさらに高度化し、積層セラミックコンデンサで世界最薄となる0.09mm厚の「PMK063LBJ104MN」を商品化、従来最薄である0.11mmから約18%薄型化しました。

参考:太陽誘電「積層セラミックコンデンサで世界最薄0.09mm厚を実現」