世界で一番有名なロボットとは?

いま存命している世界一有名な人は誰だろう? アメリカのトランプ大統領や中国の習近平国家主席などは多くの人が知っている。また、メッシやロナウドといったサッカーのスーパースターもあるかもしれない。前回の2014年ブラジルワールドカップの決勝戦の視聴者数は世界で10億人以上いたそうだ。そんなことを考えているうち、ふと「世界で一番有名なロボットは何だろうか?」と思いたった。

▼最有力は、世界数十カ国で単行本やアニメが放映されているというドラえもん。鉄腕アトムやガンダムなどロボットアニメの主人公もありえそうだ。スターウォーズのR2D2とC3PO、ターミネーターなど、映画で出てきたロボットも有名だ。またソニーのaiboやホンダのASIMO、もしかしたらソフトバンクのPepperやお掃除ロボットのルンバという人もいるかもしれない。空想と現実が入り交じって恐縮だが、想像するだけで楽しくなってくる。

▼日本はロボット大国と言われる。安川電機やファナックなど有力メーカーがひしめき、技術者も多い。ドラえもんや鉄腕アトムのようなロボットアニメが多く放送され、子供の頃からロボットを身近に感じてきた。さらに最近では、ロボットホテルやロボットレストランといったロボットを活用した余暇や娯楽施設も出てきている。ここまでロボットが好きで、普段から親しんでいる国は他にはない。これを利用してもっとロボット産業を盛り上げていく。そうすれば製造業はもちろん、サービス業や観光業にも良い影響をもたらしてくれるだろう。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG