オプテックス 既存センサーやスイッチをIoT化 国内初のパルス対応

オプテックスは、既存のセンサーデバイスやスイッチなどに接続することでIoT対応の機器として活用できる、IoT無線ユニット「ドライコンタクトコンバーター」のパルス信号対応版を4月18日から発売した。価格はオープン。

同社では、無線ネットワークLPWAのSigfoxに対応した同ユニットのファーストモデルを2017年11月に発売。

センサーから出力されるアラーム出力に対応するモデルで、液体や飼料といったタンク内の残量管理、設備の遠隔監視など、さまざまな用途で活用されてきた。

新製品はユーザーの声に応え、①パルス対応②外部電源モデル追加などを実施し、普及版として開発。レベルセンサーや温度センサーなど、既存のセンサーやスイッチなどの機器から出力される接点信号やパルス信号を簡単にSigfox経由でクラウドサーバーに転送できる。

電池駆動モデルは、アラームモードで最大約5年、パルスモードで最大約10年の長寿命。また、外部電源タイプも用意されている。

その他、さまざまな環境でIoTソリューションに対応するため、IPX5の高い防水構造を有している。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る