アズビル 中学生向け実験教室 計測・制御の技術伝える

アズビルは、研究・開発拠点がある神奈川県藤沢市の藤沢テクノセンターで、地元中学生を対象とした理科実験教室(通称「azbilジュニア実験教室」)を、3月27日に同市産業労働課と共同開催した。

この催しは、同社のコア事業である「計測と制御」の技術を、社員自らが子供たちにわかりやすく伝えることで理科を好きになる機会の提供を目指した社会貢献活動の一つで、今回で3回目。

当日は、プログラミングを用いた温度制御の実験教室を実施。参加した14人の中学生は、若手技術系社員によるきめ細やかな指導で身近な例で計測と制御を学びながら、直接機器に触れたり、プログラミングに挑戦したりするなど、温度を自由に制御する実験を行った。

また、実験の後は、講師を務めた社員が開発に携わったロボットの紹介や、試作品加工現場、ショールームなどを見学した。

今回が2回目の参加者もおり、終了後には「実際にプログラミングしてみて、ファンを動かすことができ楽しかった」「自分でプログラミングできたところがおもしろかった」「とても柔らかい豆腐を運ぶロボットは、他のロボットではできないことがたくさんあって驚きました」などの声が聞かれ、好評のうちに終わった。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG