イグス 屈曲性に優れた新ケーブル開発

イグス(東京都墨田区)は、高速かつ短いストロークに適したケーブルのラインアップを拡張するため、屈曲性に優れた極小曲げ半径のケーブル「チェーンフレックスCFSOFT」を開発した。

新製品の屈曲性は、導体構造の新しい特殊設計によって実現。各心線は軟銅線で特殊な撚り合わせによって製造されているうえ、耐摩耗性に優れる柔らかい外被を使用することで、従来品に比べケーブル全体が一段と曲がりやすくなっている。非常に狭いスペースで小さい曲げ半径で使用しても、エナジーチェーン用途での長寿命が期待できる。

半導体製造過程などの狭いスペースでの高速用途に適しており、例えば、半導体製造装置において長さ約0.5~1メートルの短いストロークでの超高速動作時にケーブルをガイド。曲げ半径はケーブル外径×5に設計されており、さらにクリーンルームClass2に準拠している。

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る