リンクス ソニー製センサー搭載のカメラ登場

リンクス(横浜市青葉区)は、世界シェアトップクラスの産業用カメラBasler社製「ace U」に、ソニー社製「Pregiusシリーズ」のIMX287センサーとIMX273センサーを搭載した8モデルの取り扱いを3月から開始した。

IMX273センサーは、3.45メートルという小さなピクセルサイズで、IMX250、IMX304などの第2世代センサーと同等の優れた画質、速度、ノイズ性能を実現。また、IMX287センサーのピクセルサイズはその倍の6.9メートルとなっており、同じ感度とノイズ性能を持ちながら、飽和容量とダイナミックレンジを向上している。

新機種は、最短露光時間1秒の超短時間露光機能を搭載。印刷物の高速撮影などに特に適しており、感度についても近赤外線に対応しているため、エレクトロルミネッセンス検査、交通関連用途、セキュリティ用途など、それほど高い近赤外線感度が求められない場合に、高価格な近赤外線専用センサーの代わりに使用することができる。

さらに、IMX287は低価格でありながらセンサー性能が大幅に向上。画像処理工程の全体的な改善が期待できるうえ、従来からのPGI機能に加えて新たにモノクロカメラ用PGI、関心領域の複数選択が可能なスタック型ROIを搭載しているため、旧型の低解像度CCDセンサーやアナログカメラからのアップグレードにも最適となっている。

インターフェースはGigEとUSB3.0に準拠。各バージョンにモノクロ/カラーモデルをラインアップしている。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る