【FAセンサ特集】市場の堅調拡大続く 半導体、工作機械、ロボットけん引

2018年3月14日

人手不足、人件費高騰、高精度生産が拍車 FAセンサの市場が堅調な拡大を続けている。半導体製造、工作機械、ロボットなどをはじめとした製造業のあらゆる分野が牽引役になっているほか、非製造業でも需要が増えている。IoTに代表される新たな流れのなかでFAセンサは「つなぐ」ための中核製品としての役割をますます高めている。少子高齢化、人手不足、人件費高騰が顕著に進む中で、FAセンサはこれらの課題解決につながる大きな切り札的な存在としての地位を強めている。   日本電気制御機器工業会(NECA)の2016年度(16年4月~17年3月)の検出用スイッチ出荷額は1087億円で、15年度比105.0%と…