改めて言う IoTは課題解決のためのツールでしかない

2018年3月14日

産業向けIoTが賑わっているが、買い手側、実際にIoTを導入して使う側は、IoTの導入は時代の流れと理解しつつも、何から始めればいいのか分からない、製品が多すぎて選べないなど、悩んでいるケースはいまだに多い。特にITに不慣れな中小企業にその傾向が多いようだ。 ▼IoTは機器や現場の状態把握とその改善のきっかけになるヒントを与えてくれる。予知保全のような未来を予測するようなことも可能になる。この数年で一気にブレイクし、導入も広がったが、それ自体は突然変異で急に出現したものではない。データを取り、集め、分析し、改善するという一連のPDCAの流れは、製造業の現場ではずっと行われてきたもの。これまでは…