イートン 新ブスバーシステム発表 ワンボード化で利便性向上

2018年3月7日

イートン・エレクトック・ジャパン(大阪市北区)は、モータ保護ブレーカ/モータ・スタータ向けの新ブスバーシステム「MSFS(モータ・スタータ・フィーダ・システム)」を、このほど発表した。 MSFSは、従来むき出しだったブスバーをメッシュ状のカバーで覆って安全性を向上、ワンボード化することでDINレールへのワンタッチ実装を可能としている。これにより、保護等級IP20に対応、部品点数や作業工数を削減できるため、トータルコストを低減できる。 また、4.5ミリメートルのグリッド幅で機器を自由に配置でき、汎用アダプタも豊富にラインアップ。高い柔軟性と拡張性を実現している。 基本ボードは、定格125A(UL…