島津製作所「計測用X線CTシステム」国内トップの精度と解像度 作業効率、品質向上へ

2018年1月17日

島津製作所は、ワーク(検査対象物)のX線CT画像撮影と高精度な内部寸法の計測が可能な、同社としては初の計測用X線CTシステム「XDimensus 300」を発売した。価格は1億2000万円~、販売目標は発売から1年間で国内外10台。 新製品は、国立研究開発法人産業技術総合研究所と共同で開発。同社のマイクロフォーカスX線CTシステムのフラッグシップモデル「inspeXio(インスペクシオ) SMX-225CT FPD HR」と同等となる国内トップクラスの解像度で観察が可能であるとともに、最大許容指示誤差3.8~9.8メートル(測定寸法による)という計測用X線CTシステムとして国内最高レベルの計測…