【各社トップが語る2018】内外電機「製品・設備・人、すべて強化」

2018年1月10日

代表取締役社長 丹羽一郎 太陽光発電(PV)市場の需要が激減してきているが、当社はこれまでPVにウェイトを掛けすぎないようにコントロールしてきたため、PV減少に伴う業績へのダメージは比較的少なくて助かっている。しかし、その反動もあり、電力・配電制御システム業界での価格競争が激しくなってきている。このため、2018年3月期の売り上げは前年度比横ばいか、微減になる見込み。 今後はこれまで以上に電気設備リニューアル案件を中心に取り組むことで業績改善を目指していく。リニューアル案件は新規設備と違い、小規模案件が多いが、そういった現場でこそ市場の変化をより感じ取ることができる。お客様の立場に立って、ニー…