【各社トップが語る2018】デンソーウェーブ「QRコードの活用拡大へ」

代表取締役社長 中川弘靖

2017年度は売上ベースで昨年を上回る見通し。自動認識のAutoIDは流通と物流関連で大型案件の受注があり、ロボットは国内が堅調。制御機器もOEM供給先の各社が好調に推移している。

17年はQRコードのソリューション開発に注力した。東京都交通局と共同で、列車のドアのQRコードを読み込んでホームドアの開閉制御を行う技術を開発。複雑な制御がいらず、簡単で安価なシステム構築で済むと好評だ。

また鹿児島銀行へは、セキュリティ機能付きのQRコード「SQRC」と顔認証技術を組み合わせた本人確認のシステムを提供。ホテル業界へは、スマートフォンのアプリと連動し、フロントでQRコードをかざすだけでチェックインができる仕組みの構築をサポートした。ここに来てセキュリティ性と利便性を両立したQRコードの新しいソリューションができつつあり、QRコードを開発した会社として、機器の進化とソリューション開発をリードしていく。

ロボットに関しては、小型協働ロボット「COBOTTA(コボッタ)」の受注を開始した。人の作業サポート以外にも、イノベータとの交流を通じて、われわれが予想も付かない使い方のアイデアを豊富に得ることができた。また国際ロボット展で発表した双腕型マルチモーダルAIロボットが大きな反響を呼んだ。ロボットの使いやすさを向上させる技術として開発を進めていく。

18年はワンダフルな年にしたい。営業面では海外対応を充実し、売上に対する海外比率を将来的には5割まで引き上げたい。またデンソーの世界130の工場をつなげるプロジェクトに参画し、そこで培った知見を提案していく。ORiNを活用して現場の設備をつなぎ、工場をIoT化する新製品「IoTデータサーバ・IoTデータスタジオ」を18年中に発売する予定だ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG