【各社トップが語る2018】安川電機「ソリューション提案強化」

2018年1月10日

執行役員 ロボット事業部長 小川昌寛 2017年は中国を中心とした旺盛な需要を受け、海外地区からの需要が高い水準で推移したことから、当事業部の売上高、営業利益ともに前年同期比で増加し、収益性は大幅に改善した。 ロボット事業は、溶接・塗装などの主力製品を展開する自動車関連向けの売上は海外を中心に堅調に推移し、自動車以外の一般産業分野の売上は、スマートフォン・家電などの生産自動化の大規模需要を受け、中国を中心に拡大。溶接・塗装・クリーンなど各種用途で好調であった。 17年前半に発売した世界最小の6軸多関節ロボット「MotoMINI」、人協働ロボット「MOTOMAN-HC10」も順調。「MotoMI…