【各社トップが語る2018】国際電業「新中期3カ年計画スタート」

2018年1月10日

代表取締役社長 古川長武 今期は中期3カ年計画の締めくくりの年であるが、2018年3月期の売上高は前期比数%増の見込み。人員拡充、展示会出展などの経費が増えて、利益は減益になりそう。中計の最終売上高は、計画をわずかに下回りそうだが、3年連続増収となり、予定通りに進んだ。 17年度は、主力のフットスイッチ、ソレノイドの売り上げが前期比2桁増の予定で順調だが、プラズマ切断機は前期に大きな案件があった反動で売り上げ減の見込み。また、従来海外展示会を中国・上海で毎年出展していたが、昨年は上海2カ所と中国・昆明、ベトナムにも出展。工作機械、医療機器の展示でフットスイッチなどをPRしており、今後も積極的に…