【各社トップが語る2018】オータックス「『製造サービス業』化で活動」

代表取締役社長 富田周敬

2018年3月期の業績は、売上高が前年度比約14%増の115億円、営業利益が同約66%増の7億円ぐらいが見込まれる。前年度に初めて売上高100億円を突破することができたが、2年連続で過去最高の業績になりそうだ。この好調を維持できれば、現在進めている新5カ年中期経営計画「DREAM2020」の20年度売上高120億円も前倒しで達成できるかもしれない。

好調な要因は、工場の自動化投資、エアコンや素材関連向けでの旺盛な需要で、DIPスイッチなどの産業用スイッチや端子台の販売が伸びていることが大きい。アルミ加工も、電子タバコやスマホ、テレビ向けなど筺体として販売が増えており、今期は30億円、来年は40億~50億円にまで拡大するかもしれない。

このため、将来に備えた生産能力増強に向けて、中国・広東省江門に新工場用地を確保した。現在の深工場の約1.5倍の約7万平方メートルの広さがあり、18年末に一部でも稼働を始めたいと考えている。新工場ではスイッチ生産やアルミ加工などを計画しているが、中国での自動化設備需要が旺盛なことから、中国国内での供給責任を果たすための先行投資である。

18年度は、中国(深圳、無錫)、タイ、マレーシア、韓国の5つの拠点工場の自動化生産を、自社の技術を使いながらさらに進めるとともに、各工場の最適化によってリードタイム短縮、物流コスト低減、為替リスク解消、輸入関税不要といった総合的なスケールメリットを強調しながら、業界のコストリーダーになる取り組みを強めていきたい。これにより、単にモノを作るだけの会社ではなく、「製造サービス業化」を進めることで、顧客の役に立ちたい。19年3月期はこうした施策で売上高を、約13%増の130億円を目指したいと考えている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG