【各社トップが語る2018】ピーアンドエフ「IO-Link、防爆に注力」

2018年1月10日

代表取締役 太田階子 2017年は、P+Fグループ全体としては16年後半より継続的に上り調子で、全世界売上高6億3000万ユーロ、前年比13.5%増となった。日本の売り上げは同16%増で、4年連続で過去最高業績を更新できた。とくにFA部門が27%増と好調で大幅に伸長。防爆製品も年後半に追い上げ約6%増となった。 FA部門は、マテハン業界の物流システム機器や印刷・包装機械等へのOEM製品を主軸としてきたが、インダストリー4.0の勢いを背景に、ドイツ本社が次々とIoT推進を担うIO-Linkセンサ/マスタ、RFID等の新製品を投入している。 2次元コードテープを使用したAGV用のビジョンセンサ「P…