【各社トップが語る2018】東洋電機「国内の新市場・顧客へ拡販」

2018年1月10日

代表取締役社長 松尾昇光 2017年は、自動車部品材料向けの樹脂部門が好調だったが、東洋電機本体のエンジニアリング部門、変圧器部門の売り上げが減少した。17年度連結売上高は前期比7.2%増の90億6100万円、営業利益は同2.2%増の3億7000万円の増収増益を見込んでいる。 AI、IoTの広がりにより、海外の半導体市場、国内の物流市場が好調だったが、印刷関連市場はデジタル化の進行で市場が縮小している。こうした環境の中、当社ではエレベータ関連製品、空間光伝送装置、樹脂関連製品などが好調に推移したが、印刷制御装置、変圧器は伸び悩んだ。 その他、海外では半導体市場向け製品が伸びているが、中国・タイ…