【各社トップが語る2018】B&Rインダストリアルオートメーション「革新的搬送システム提案」

2018年1月10日

代表取締役社長 小野雅史 2017年12月期で日本法人を設立から3年半が経過したが、前年度は約20%の売り上げ増であった。国内景気が良いこともあって、営業やエンジニアの採用が遅れ気味で、販売パワーが不足している影響が気になる。 2017年11月のSCF(システムコントロールフェア)に2回目の出展をしたが、日本市場に大きな手応えを感じている。SCFでは次世代の産業用搬送テクノロジーとして、リニアモータを用いた搬送システム「SuperTrak」や、世界初披露となる革新的な搬送システム「ACOPOStrak」の実演などを行ったが、包装や食品、成型などの業界を中心に数多くの商談が寄せられアフターフォロ…