【各社トップが語る2018】安川電機「i³-メカトロニクスを推進」

2018年1月10日

執行役員 モーションコントロール事業部長 熊谷彰 景気の動向は思った以上に良い状態が継続しており、部材や生産能力不足なども加わり、先行きへの不透明感は無く、ロボット化や自動化への取り組みが続くと見ている。人件費高騰への対応や、自動化・情報化推進、自動車関連の投資などに加え、IoTへの取り組みとして通信の5G化で世の中の生活が変わり、半導体需要やサーボモータにも好影響が波及してくる。 こうした中で、昨年10月に新たなソリューションコンセプト「i³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)」を提唱した。デジタルデータのマネジメントとして、サーボ、インバータ、ロボットなどの稼働後のデ…