【各社トップが語る2018】光洋電子工業「お客様と共に歩む一年」

代表取締役社長 牟田明康

2018年3月期の売り上げは、半導体(スマートフォン・有機EL・EV関係向け)や工作機械業界などの好況を受けて、制御機器の需要が堅調に伸長し、当社の売り上げも好調に推移している。米国向けPLC、及び新HMI、国内向けリモートI/O、サーボモータ用ロータリーエンコーダが売り上げに貢献した。

17年10月には、IoE対応のスマートコントローラSJ-ETHERの販売を開始した。中・小規模システムの「見える化」をサポートする機器として、とくに既存設備にアドオンして設備の情報を簡易処理し、必要な情報をネットワーク上に伝達するインターフェースとして役立つ。SCFにも展示し、多くのお客様から高評価を得られた。

18年度は、半導体業界をはじめとして多くの分野が引き続き堅調に推移すると見ており、19年10月の消費税増税に向け、設備投資も好調を維持すると見ている。当社は、大泉工場を既設設備のIoE化実験トライ場として取り組んできたが、今年はそのノウハウを活かしてIoEパッケージ化を提供していく。

IoE化の要の「センシングテクノロジー」についても、機械の突発停止予防に適したOnSinセンサのサポート体制を強化。ソリューションの構築を検討されているお客様に、SJ-ETHER、リモートI/O、OnSinセンサなどのIoE関連機器の提案を行い、一緒にシステム構築を進めていきたい。

18年1月15日に、EtherNet/IPとモーション機能対応版SJ-ETHERを、18年度上期にEtherCat対応のリモートI/Oをリリースする。

また、OnSinセンサの機能アップ版も投入する。

「既存設備のIoE化」「既設機械の突発停止ゼロ」を目指し、お客様と共に歩んでいく一年にしたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG