Check !!

【2018年年頭所感】日本半導体製造装置協会 会長 辻村学「『できること』を確実に実行」

あけましておめでとうございます。旧年中は当協会の活動に多大なご協力を戴き、心から感謝申し上げます。

近年の半導体及びFPD製造装置の市場環境につきましては、既にご存知の通り、とても好調です。電子機器がかつてのパソコンや携帯だけでなく、IoT・AI・自動運転など幅広い応用が期待されているからだと思います。

地域的にも、日本国内はもとより、米国・韓国・台湾・そして中国、更にインドへとグローバル化は益々広がりを見せています。

当協会の日本製半導体製造装置市場予測では、今年度は昨年度比較で期初には11%増と見込んでいたものが、大幅に伸びを見せて期末には26%増に大幅上方修正しました。更に来年度も二桁成長を予測しています。

ところで私たちを取り巻く世界・社会情勢はどうなのでしょうか?

私は門外漢ですから予測などできませんが、気にすることはできます。かつて火薬庫といえば中東でしたが、今は北朝鮮の核兵器です。火薬庫どころではありません。昨年VUCAという用語が流行りました。Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)、つまり社会情勢はきわめて予測困難、めちゃくちゃな時代に突入したということです。それでも「不確実」だということだけは「確実」ですから、そう思って対応しましょう。

とにかく今は私たちにできることを着実にやろうと思います。私は昨年の会長就任挨拶で約束したことがあります。私のバックグラウンドはグローバルな開発と教育です。この経験を協会貢献に活かしたいと思って活動してきました。

当協会では学生向け啓発活動を続けており、昨年のセミコンJapanでも学生向けブースを展示して大盛況でした。またグローバルには経済産業省補助金で一昨年、昨年と2度にわたりインドにSEAJ活動を紹介してきました。

まだまだ協会としてやるべきこと、やれることは沢山あります。今後も半導体、FPD及び太陽電池製造装置業界の発展に貢献していきたいと思います。

最後に、既に耳にたこかも知れませんが、「学の法則」を高らかに宣言したいと思います。半導体は人間の欲求ある限り永遠に不滅です! そして、それを支える半導体製造装置協会も不滅です!

これをもって、皆様のますますのご発展とご活躍を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG