チノー ハンディ飽差計 40秒以内に測定

チノーは、ビニルハウスなどを利用して農作物を生産する施設栽培において、環境管理の指標として関心が高まっている飽差を測定するための「ハンディ飽差計 MH500」を2017年12月25日から発売した。価格は2万4800円、年間400台の販売を目指す。

新製品は、「きちんとはかる」高精度温湿度計HN-EHシリーズをベースに開発。飽差測定に特化したハンディ計器で、飽差値(g/立方メートル)をダイレクトに表示する。

指示部は上下2段の液晶デジタル表示になっており、上段には常に飽差を表示し、下段は温度と湿度から選択可能。測定の応答性が40秒以内と速く、操作も簡単なため、スピーディーに飽差や温度、湿度のチェックができる。

また、センサ部はユーザーによる交換が可能なため、長期耐用が可能な機器となっている。

飽差は空気の湿り気を示す指標で、植物生理学で普遍的な理想値が示されているため、相対湿度よりも作物の生育との相関を把握しやすく、管理すれば農作物の増収や品質の向上が見込まれる。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG