本多通信工業 石英ファイバー対応AOCコネクタ「角型タイプ・丸型タイプ」高速・高精細8K伝送可能

本多通信工業はFAや医療機器などで利活用が期待される8K映像の少量多品種マーケットに向けて、AOC(アクティブ・オプティカル・ケーブル)を全方位に展開。

2020年の東京五輪、次世代のICT社会の実現に向けて超高精細映像が普及するに連れ、インターフェースの高速化が必要となり、従来のメタルによる伝送に比べて高速伝送・小型軽量・長距離伝送・対ノイズ性などのメリットがある光ファイバーによる伝送への移行が進むことが見込まれている。

同社はFA市場でのニーズが高い角型コネクタと、医療・放送機器分野で標準的な丸型コネクタの双方を商品化するとともに、普及している石英ファイバーと、柔らかさやアセンブリの容易さで今後が期待される高速プラスチックファイバーの双方に対応する2×2戦略を基本方針としている。

SCF2017には、Ver.1として、石英ファイバー対応AOCのエンジニアリングサンプルを紹介する。その他にも、ハイエンドDSCやPCで普及が進む「UHS-Ⅱ」対応SDソケットや生産性向上を提案するモジュラージャックなど、特徴あるコネクタを出品する。

http://www.htk-jp.com/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG