矢野経済研究所 IoT型センサーシステム設置数 市場伸長を予測 20年度に200万突破へ

矢野経済研究所は、2016年度の国内IoT型センサーシステム市場規模(エンドユーザー設置数量ベース)は、前年度比6.7%増の109.6万システムとなったと発表した。

16年度は、M2Mを通信回線に利用したセンサーシステムの導入が好調であったことと、MVNOの事業拡大によるアプリケーションの多様化が拡大要因。

分野別では、セキュリティ関連が46.0%、自動車関連が36.5%、エネルギー関連が16.1%と、3分野で98.6%を占める。

17年度以降は、作業者向け健康モニタリングなどヘルスケア関連や、全国の都市ガス各社がスマートガスメーターの導入を検討していることから、ガス業界でのセンサーシステム導入が大いに期待される。市場規模は今後も伸長が続き、20年度に200万システムを突破し、翌21年度には214.2万システムになると予測される。

また、将来的に成長が期待できる分野として、工場・製造関連が挙げられるが、工場・製造関連は、既にセンサー設置が標準化しているものの、センサーで取得したデータの活用は日報への記載など限定的である。

短期的には設備・機器のエネルギー監視、保全・メンテナンス、品質管理といった業務でのIoT型センサーシステムの活用、そして中・長期的には、状態基準保全や予防保全、故障予知といったソリューションとしての普及が期待される。

IoT型センサーシステムは、クラウドタイプのセンサーネットワークシステム。親機と子機で構成される後付けタイプのセンサーネットワークシステムに加え、組込みタイプのセンサーシステムも調査対象としている。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG