シュナイダー 日本でFA事業強化 サーボモータやPLCも投入

シュナイダーエレクトリックは8月23日、日本におけるFA領域への事業強化に関する戦略発表会を行った。これまで日本では、ビルやインフラ、データセンター等へのエネルギーマネジメントや電源等の事業に注力し、FA領域ではデジタルが展開するHMI「Pro-face」だけだったが、IoTやスマートファクトリー等への関心の高まりを背景に、今後はサーボモータやPLC、汎用インバータなども市場に投入し、事業を拡大していくことを強調した。

新商材に対する販売戦略として3つを設定。1つは、同社のグローバルネットワークを背景に、日本企業が海外に展開する際のパートナーとしての提案。100カ国を超える海外でのサポート体制や製品の各種国際規格への対応を武器として、輸出比率20%以上の上場企業など600社をターゲットとして見込んでいる。

2つ目はすでに200万台の実績があるプログラマブル表示器のトップブランドである「Pro-face」とのシナジーで既存顧客への販売を強化。800以上のプロトコロルをサポートし、メーカー問わずつながる接続性を活かし、PLCやモータドライバーなど制御系をはじめ、センサや温調計、電源などの販売につなげ、さらにSCADAやWonderwareをはじめとするソフトウェア等との融合によるトータルオートメーションを提案していく。

3つ目は装置メーカーを対象に、ターゲット分野を絞ってソリューションを展開する。包装機、搬送機、加工機、ホイスト、ポンプ、空調冷凍を対象とし、同社の産業向けのIoTプラットフォームとその製品群である「EcoStruxure(エコストラクチャ)」を使い、各分野の課題解決に向けたアプローチを進める。2017年に製品を拡充し、18年から社内の専任技術者5人と外部パートナー5社で「マシンソリューション」という形でソリューション展開を行っていく。

同社インダストリー事業部勝村友一バイスプレジデントの談話
「HMIの市場規模は300億円あり、すでに大部分のシェアを当社は占めている。しかし、ACサーボモータ・ドライブやPLC、汎用インバータは600~1200億円と大きな市場があるが、これまで一切タッチしていなかった。今後はこの分野への製品提供を目指し、成長していく。近年、IoTやスマートファクトリーなどが充実し、当社のインダストリー向けプラットフォーム『EcoStruxure』を軸にした製品を顧客に提供していきたい」。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG