NTTドコモ 1次産業向けソリューション AI活用で生産効率化

2017年8月23日

NTTドコモは、1次産業向けにAIを活用した新たなIoTソリューションを9月中旬から提供開始する。それに先立ち、アプレと水耕栽培、双日ツナファーム鷹島とマグロの養殖の現場において実証実験を開始した。

同ソリューションは、NTTグループのAI技術「corevo」を活用してNTTドコモが開発した自然対話エンジンや画像認識エンジン等のAIと、日本IBMのIoT分析プラットフォームを連携したソリューション。センサ等のIoT機器から取得した数値情報に加え、カメラ画像や音声等の繊細で複雑な情報をプラットフォーム上で蓄積・分析でき、これまでより精度の高い解析結果を導き出すことができる。

具体的には、センサから水温、気温、水位等のデータを取得し、農場の状態の監視や作物がどのような状態であるかの可視化、予測等に加え、画像データを分析することで農作物の視覚的な情報が計測され、病気の兆候や生育状況の把握が可能となり、病気を未然に防ぐことや、収穫の最適なタイミングが予測できる。また、音声に対応することで熟練の農業従事者の経験、知識に基づく助言等を随時音声で取得し、さらに取得時の気候・環境データと関連付けることで、可視化が難しかった栽培技術と気候条件の新たな判断ロジックを解析に加えることで、経験が浅い従事者でも熟練者の判断が可能となる。