パナソニック 頑丈フィールドモバイル発売

パナソニックは、過酷な現場でも使用可能な頑丈フィールドモバイル「TOUGHBOOK(タフブック)」のCF-33シリーズを、国内法人向けに9月下旬から発売する。価格はオープン。生産台数は5万台(タフブック・タフパッドシリーズ全体)。

CF-33は、12.0型デタッチャブルPCで、キーボード部を外してタブレットとして単独使用も可能。120センチメートル落下試験実施、IP65準拠防塵防滴性能、耐振動MIL-STD-810G準拠の頑丈さと、軽量薄型化を両立している。

また、同社神戸工場で、バーコードリーダー、シリアルコネクター、USB2.0ポート、リアカメラ(8M)、ワイヤレスWAN、大容量バッテリーなど、現場で役立つ各種機能を本体に内蔵する「本体一体型アタッチメントオプションコンフィグサービス」を用意。現場のさまざまな要望に、カスタマイズで対応する。

さらに、屋外でも見やすい約1200cd平方メートルの高輝度液晶を搭載。加えて、静電容量式ながら、手袋装着時・水滴付着時にもタッチ操作が可能となっている。その他、タブレット部にバッテリーパックを2本搭載。ホットスワップ対応で約12.5時間、オプションコンフィグサービスの大容量バッテリー搭載時は最大約25時間の長時間駆動が可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG