リンクス 新事業戦略を発表 17年はFA、アジア市場拡大

2017年7月19日

画像処理、ソフトPLCに注力 リンクス(横浜市青葉区)は7月5日、新事業戦略を発表した。工場におけるインダストリアルIoT(IIoT)分野の強化、アジア市場への展開、工場外のスマートソサエティーへのIIoTの展開の3項目に注力し、2021年に現在の3倍の売り上げと社員数を目標とすることを明らかにした。 同社は、世界のハイテク技術を日本国内で展開する技術商社で、特に画像処理関連製品に強みを持つ。制御関連でも3S社のソフトPLC「CODESYS(コデシス)」を取り扱っている。 新事業戦略では、17年にはIIoTを一層強化し、FA領域に事業をシフト。画像処理では、カメラの新機軸としてハイパースペクト…