アドバンテック 日経「Asia300」情報機器分野 2年連続No.1を達成

アドバンテック(本社:台湾台北市)が、日本経済新聞社が選ぶアジアの主要上場企業ランキング「Asia300」2017年版における情報機器分野で、2年連続1位を達成した。全体順位では36位にランクインし、前年より15位のランクアップとなった。
 
同新聞社が15年から発表しているアジアの有力企業ランキング「Asia300」は、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インドの上場企業が対象で、国・地域ごとの企業の時価総額、および成長性や知名度などを考慮して選抜されている。
 
同社のマイク小池社長兼日本地区最高責任者は、今回の評価を受けて、「このような名誉あるランキングに選出され光栄に思う。近年はビジネス環境全体がIoTやIndustry4.0の時代に向かいつつあり、そのトレンドにキャッチアップした企業がランクアップしていると感じた。今後もIoTの普及とインテリジェント・プラネットの実現に向けて、更なる飛躍を遂げたい」と述べた。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る